英会話イーオンのお試しレッスンを受けました。そして「おためし5」を申し込み。

最終更新日

Comments: 0

私はGabaマンツーマン英会話に通っていますが、マンツーマンレッスンって同じレベルの人がどんな英語をしゃべるのかが分からないのが難点だなと思っています。ましてや海外に行ったこともなければ、仕事でも日常でも英語は使わない、会話したことがあるのは英会話スクールのインストラクターだけという私には、何もかもが分からないのです。

そこで、Gabaレベル6のテキストも終盤となり、でも次のレベルには到底到達してないと思っている私は、グループレッスンを体験して他の人が話す英語を聞いてヒントを得ようと思ったのでした。

グループレッスンを体験できるチャンス到来

他の生徒とグループレッスンを受けると考えて、まず思いつくのはGabaのセミナー。でも単発で開催されるGabaセミナーは、募集のレベル幅が広かったり単価が高かったりと、最後の手段という感じ。なにより私にとってGabaセミナーは、これまで4回受けているので新鮮みがないというのも大きい。

何かないかとネットで探してみたところ、偶然にも 英会話のイーオン(AEON)で、グループレッスンを体験できる特別コース「おためし5」が開校されていたのでした。

AEONの体験レッスン「おためし5」

英会話のイーオンが2022年2月限定で開講しているお試しレッスンが「おすすめ5」というコース。こちらは2022年2月申込み限定コースで、9,900円(税込)でAEONの実際のレッスンに5回参加できるというコースで、つまりお金はかかりますが体験レッスンでグループレッスンを受けられるという魅力的なコースです。

ネット申込みして早速行ってきました

「おためし5」の申込みはインターネットから簡単にできました。申込みページのURLを載せようかと思いましたが、2月が終わればリンク切れになってしまうと思うのでAEONのトップページ「https://www.aeonet.co.jp/」にしておきます。期間内に申し込みたい方はトップページにバナーが出てるのですぐに見つけられると思います。

ネットで日時の候補を選択して連絡を待つだけ。後はその日にスクールに行けばOK。英語学習に関するアンケートも数項目ですので、スムーズな運営のためにも答えてあげましょう。

AEONのシステムや「おためし5」の説明

まずは受付で検温やら消毒やらをすませてさっそくカウンセリングルームへ。そこでAEONはどんなレッスンを提供しているのかや、おためし5受講前の案内を聞き、だいたいよさそうだなというところで、レベルチェックを兼ねたインストラクターとのマンツーマンお試しレッスンへと進むことになりました。

ライバルを熟知していらっしゃる・・・

ところで、AEONで担当してくれた方はカウンセラーのマネージャーだったんですけど、ライバル(Gaba)の事をよく調べてるな・・・という印象。

👩‍💼「Gabaさんやってたんですね。マンツーマンの。レベルはどれくらいだったんですか?」
🧑「Gabaでいうレベル6で・・・」
👩‍💼「Gabaさんは10までありましたよね。それくらいだと外国人と話す事に抵抗なさそうですね。」
🧑「まあ、インストラクターが相手であれば・・・」
👩‍💼「大丈夫ですよ 笑。 あー、ひとつ注意頂きたいのが、Gabaさんだと、スマホでささっと好きな時間にレッスン予約できると思いますけど、AEONだと開講しているレッスンに参加する形になるので日程が決まってきます。」

しっかりマイナスポイントも教えてくれますね。

レベルチェック&お試しレッスン

そして担当のインストラクターに迎えに来て頂き、お試しレッスンは15分ほどのマンツーマンレッスン。きっちり時間は決まっていない様でした。

フリートークなので内容はGabaと大差ありません。前半はスモールトーク、後半はテキスト使って文法力とかを判定する内容でした。ただ、テキストはGabaの会話主体のものと違って、どちらかと言えば文法学習寄りな感じに思えました。

スモールトークレッスン in AEON

スモールトークでは、主に質問に答える形で会話力チェック。「何故イーオンに来たの?」と「英会話を学んでいる理由は?」に始まり、「どれくらいGabaやってたの?」「どれくらいの頻度で通ってた?」とか「1レッスンは何分なの?」とか「どんなレッスンなの?」とか「そのトピックは自分で選ぶの?先生が選ぶの?」とか、Gabaについて掘り下げる様な質問へ。

Gabaのリサーチかい 笑

そして「何か聞きたい事ある?」と聞いてきたので、「あなたの事?」と聞けば「何でも良い」というので、「マンツーマンとグループレッスンの違いは?」と聞けば、「グループレッスンは似通った力の生徒と一緒だから、いろんなアイデアで盛り上がるから展開も読めないし、面白い話しが聞けるし、たくさん会話ができる。」と言うので、さらに「マンツーマンレッスンより会話量は少ないのでは?」と聞けば、「そんなことはない。インストラクターはサポートに回ってそんなに話さない。逆に生徒同士でたくさん話すので、マンツーマンと比べても会話量は少なくならない」とのこと。

テキストレッスン in AEON

スモールトークが終わり、続いては「では画面を見て」ということで、テキストを映しながらのレッスン。今回のお題は『過去形』とのことで、過去形の出題について「スライドのこの回答だと、どういう質問が適切?」とか、スライドのお題に沿って答えていく内容でした。続けて、短い質問に自分の事を素早く簡潔に答えていくレッスンも体験しました。

ひととおりの質問が終わり、「レベルチェックのために、あと2〜3質問させて。」と始まった質問の中に、「好きな映画は?」というのがあり、「シン・ゴジラ」と答えたばかりに、「その映画のどこが一番の見所なのか?」という質問を浴び、多摩川でゴジラの侵攻を阻止するために自衛隊が戦略を展開する所だと答えるのにとても手こずりました。

ほぼほぼインストラクターにサポートしてもらいながら説明しきり、「難しかった。」と言えば「一番難しい質問だから大丈夫。語彙とか普段しない話しをして貰うための質問だから。」との事。こちらはGabaで日常茶飯事ですので、言うほど参っていませんでしたが。

フィードバック

体験レッスンが終わったところで、私の強みやこれから改善していくべき所について2つずつ説明して頂けました。Gabaでも良くあるフィードバックみたいな感じでした。

最後に「質問は?」と言われても・・・

そして最後、「これでおしまい。質問ある?」と聞かれたわけですが、このタイミングで質問といわれても一体何を質問すれば・・・。と迷った私に「なんでもいいよ」と言うので、苦し紛れに「どれくらい英語教えてるんですか、ここや他でも含めて。」という質問をしてみました。

そこから、「日本に来たのはいつ?」とか「それは英語を教えるために来たのか?」質問したり、「初めて日本に来た時に最も印象に残っている事は?」など、この終わりも終わりのタイミングでまさかのプライベート質問をしてしまいました。

体験レッスンで「中島美嘉コンサート」だとインストラクターに言わせた生徒はなかなか居ないでしょう 苦笑。そして体験レッスンは完全に終了しました。

英語力フィードバックと申し込み

体験レッスンが終わり、カウンセリングルームで待たされること5分くらい。インストラクターからカウンセラーにレッスン状況が引き継がれ、カウンセラーがレベルチェックの結果を持ってやってきました。

まず言われた言葉が「Gaba週5も通ってたんですか!?」でした。スモールトークでインストラクターと話した内容ですね。「まあ、Gabaはポイント制なのでムラはありますけどそんな感じです。」と答えました。まあ、実際は月に30レッスンを超えるので平均週5どころではないのですが・・・。

レベルチェック結果

さておき、英会話のイーオンでは、コミュニケーション能力や文法的な能力の2つに分けられ、それぞれ30段階でどの辺にいるかが判定されます。

私の場合、文法的な能力が 16〜18 でpre-intermediateの前半という判定、コミュニケーション能力は 19〜21 と pre-intermediateの後半〜intermediateに片足突っ込んでいるという判定でした。

強みは文法運用能力コミュニケーション能力、そして弱みは語彙レスポンスタイム。これはGabaで褒められ、指摘され続けてきているのと全く同じでした。

AEONとGabaとでは評価基準が違うとはいえ、たぶん今の Gaba Level 6 の Low Intermediate の後半戦突入している今のGabaレベルがイーオンでも認められたという感じだと思います。

おためし5申し込みへ

そして、このレベルで開講している講座と1ヶ月で5レッスン通えるかを確認し、まあ問題なさそうだったので、いよいよ「おためし5」の申し込みへと進みました。

「おためし5」は特別な体験レッスンなので、クーリングオフ対象外とのこと、1ヶ月で5レッスン受けきれなくても返金なしとの説明を承諾してお支払い。その性質から申し込み書は貰いましたが、特に書類へのサイン等は不要でした。

次のレッスンの日程と、私の場合はもはや平日の対象講座開講日を全て予約して月5回が達成できる状態だったので、残り4回のレッスンの日程もその場で決めました。そして次回分のテキストコピーを頂いて、予習の仕方とAEONアプリの使い方を教えて頂きました。

ちなみに「おためし5」には、5回のレッスンで使う分だけテキストがコピーで与えられます。お試し期間中は別途テキストを買う必要がないのもいいですね。

AEONを申し込んだ目的の1つ「今の自分のレベルは?」は解決

さて、今回AEONの体験レッスンを受けようと考えた目的の1つ。「自分ははたしてGaba Level 6 に相応しいのか?」については答えがでました。

語彙や文法はようやく今のレベルに乗っかってきたところだけど、コミュニケーション能力については、着実に力を付けて次のレベルの入り口にさしかかってきたところという判定。

どうやら Gaba Level 6 であることは間違いなさそうです。ただ、やはり Level 7 へとなると、道のりは長く、語彙や文法など勉強的な取り組みもしていかないといけなそうだと気付かされました。

次はグループレッスン。果たして他の生徒達は!?

さて、本日は「おためし5」申し込みのためのカウンセリングとレベルチェックの体験レッスン。「近しいレベルの人がどういう英語を話すのか」については、次回以降のグループレッスンまでお預けです。

Gabaと違って、AEONでは予習必須とのことなので、今までサボってきた予習。しっかり取り組んで周りに迷惑をかけない様にしたいと思います。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする