Gaba Lesson #223 (評価5) Gaba入会1周年を記念して第1回レッスンの講師で受講

最終更新日

Comments: 0

マンツーマン英会話

LSに早く到着したところ、担当カウンセラーがレッスンの空き状況を確認してくれて見つけたひと枠でした。私がGabaを始めたのが去年の1月で、その記念すべき第1回目の担当インストラクターが彼だったことから、1月中には取りたいと思っていたので丁度良い機会でした。

1回目レッスンの事を覚えていてくれました

スモールトークでは、最近定番の仕事が忙しくて夕方のレッスンが取ないという話しから、朝7時のモーニングレッスンを何度か受けてみたという話しをしました。朝起きるのは大変だけど新鮮な気持ちでレッスンができ、仕事もスムーズにスタートできるところが良いという話しをしました。一通り話し切ったところでレッスンの本編に入っていきそうだったので、1月はGabaを始めて1年の記念日だという話題を割り込ませました。

「今月がGabaを始めて1周年で第1回目のレッスンが・・・」と言い出したところですぐに反応をしてくれました、1年前に初めて受けたレッスンを担当してくれていた事をしっかり覚えていてくれていた様でとても嬉しく思いました。「当時はLevel 1だったのに1年でここまで上達してて凄い」という話しがすぐに飛び出した事には、嬉しく思ったのと同時にインストラクターってよくここまで大勢の中の1人のクライアントの事を覚えていてくれてるんだなと感心しました。

これぞGaba!上達不安へは前向きなコメント

「Level 1から5になったとは言っても未だに、話すスピードは遅いし、文章も作れず、会話もできていない。」と伝えると「文章は正確な方。話すのが遅いのはたぶん、正確な文章を作るために考えてるからだ。Level 5の多くの生徒はまだそんなに話すの早くないから自信持って良い。」との言葉をかけてを頂きました。常に前向きになれるアドバイスを頂けるところが、さすがはGabaだなと思いました。細かいことは気にせず前向きに取り組んで行こうと思いました。

その中で「myPrepやmyReviewが助けになる」という話しの他にも、「Gaba以外で5分間トークする機会が持てれば、話すスピードも早くなるだろう」とのコメントも頂きましたがこれはなかなか難しい。ひとまずは自分のできるところから取り組んでいくことにします。

Unit10はテキスト前半の総復習レッスン

スモールトークで様々なアドバイスを頂いた後、いつもどおりテキストを使ったレッスンをお願いしました。テキストの主題に沿って何種類かのフレーズを説明して頂いてからレッスンへと入っていくのが特徴的なレッスンでした。今回はUnit10の復習レッスンでしたので、1〜2行の文章から過去のレッスンを思い出しながら会話を進めていく必要があり難しい内容でした。

テキストのフレーズ自体はあまり重要視していないのかな・・・!?

そこでひとつ気になったのは、その紹介してもらったフレーズにはなくテキストに乗っていたフレーズを使って「それもあるね!」と褒めて頂いたことです。テキストが全てではないですし、希にですがテキストの表現を見て「これ、あまり使わない。」と言うインストラクターもいるくらいなので良い悪いという話しをするつもりはありませんが、自分の頭の中にあるフレーズ集を紹介してくれるインストラクターから、テキストをしっかり把握していて「テキストに乗ってたフレーズ覚えてる?ページ戻ってみて。」とテキストを自分で振り返る事を促してくれるインストラクターまで様々いることを思い出しました。今後インストラクターを選ぶ際には、この観点も考慮して適材適所最適なインストラクターを選びたいなと思いました。

様々な気づきが得られた満足のレッスンでした

レッスンでは、フレーズや単語の発音だけでなく、複数の語を組み合わせた時の発音も教わりました。少しずつこうした発音も意識していく必要があると思っていたので、参考になりました。語彙を増やすのと同時にレッスンでも使うことで、こうした単語帳からだけでは分からない発音も学んでいくのも良いかと追いました。

すぐに全てを取り入れるのは、今の私では溢れてしまいそうで慎重に考えていきたいと思いますが、たんさんの学びと気づきが得られたとても満足度の高いレッスンでした。


KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする