Gaba Lesson #50 単語が出てこないインストラクターにおどろき。「斜め」って難しいの!?

最終更新日

Comments: 0

緊急事態宣言に伴い2ヶ月にも及ぶ休校があけたGaba、今日で休校明け2回目のレッスンでしたが、前回はスペシャルレッスンとしてスピーキング練習をしてもらったので、実質今日が休校明けGabaレッスンの初日でした。

テキストが途中だったこともあり、長期で期間が空いていたこともあり、テキストの勝手を忘れていました(^_^;)

さて久々のレッスン。レッスンの内容自体はまあ充実していたものの、単語について質問した時と、終わりの挨拶の時に違和感を感じるレッスンでした。

久しぶりのテキストがUnitの後半部分

久々のテキストレッスンは、Gaba Business Advantage Level 2 テキストの Unit17 最終パートの “Application” でした。前半部分を軽く読みかえしてのぞんだものの、このApplicationは何をやればいいのか分からず、何度もインストラクターにやり方を確認してしまいました。質問がイマイチ伝わらなかった様で何度も同じ事を質問してしまいました。

それは Tic-tac-toe というゲームになぞらえて9つのマスから交代でテーマを選んで質問と応答の会話練習をするという、よくわからない組み合わせのレッスンでした。そもそも Tic-tac-toe も知らなかったし・・・、それは分からないわけです。

Applicationだけで終わってしまった。

Applicationの説明にたくさんの時間をかけてしまったこともあり、インストラクターも私もテーマの写真から質問考えるのに少し時間が必要だったり、分からない単語があったりで余計な時間を費やした結果、今回はApplicationに始まり、Applicationだけでレッスンが終わってしまいました。

もちろん、マイナス面だけではなく、インストラクターが色々な表現を教えてくれたというのはあります。

「斜め」って英単語は難しいの?

レッスンの中で Tic-tac-toe というゲームをやった訳ですが、これって図形を揃えるのは縦と横と・・・斜めもいいのかな?と思って確認しようとしたのですが、私は「斜め」という単語が分かりませんでした。

What do I say, vertical, horizontal, ・・・ などと身振り手振りで斜めに手を動かしてなんとか聞き出そうとしていたのですが、なんとインストラクターは私の言わんとすることを理解したものの、インストラクター自身もその単語を忘れてしまったのだと言うのです。

びっくりしましたね。聞いた単語が分からないインストラクターって初めてでしたから。。「斜め」って専門用語でもないし・・・と思ってしまうのですが、騒ぐほどの事じゃないんですかね・・・。

結局、インストラクターが「なんだっけー」って感じで断片的に思い出し、Googleで検索してようやく”Diagonal”だと分かり教えて頂きで、数分ロスしてしまいました。一緒にDiagonalの発音も教えてくれたのですが、もはや「合ってるのかわからないからな・・・」と思ってしまい集中できませんでした。

あれ、退出すればいいの?

レッスンの終わりの時は、インストラクターの方でフレーズや単語をささっと書き込んで頂き、残りは後で書いておきます見たいに言われ終了。

ここでいつもだとインストラクターに尋ねられ私の方でフレーズや単語を選ぶはずなのですが、今回はそんなこともありませんでした。

また、レッスンの最後はsee youみたいな挨拶を交わして見送られるパターンなのですが、今回は忙しいのかインストラクターの方はパソコンの打ち込みを継続・・・。

あれ、何か聞き逃した?まだ終わらないのか!?と思っていると、向こうも「あれ?」っという感じに・・・

その空気を数回繰り返したのち、「もう終わり?」という様な感じで尋ねると。「Yes」とのこと、なんとも歯切れの悪い感じでレッスンブースを後にすることになりました。

過去50回のレッスンでこんな感覚は一度も体験したことなかったんですが・・・。

まあ、Applicationのパートだけで終わってしまっただけにレッスン内容自体はいろいろなバリエーションのフレーズを練習できて良かったし、こんな回もあるって思うことにしましょう。。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする