前置きの言葉で考える時間を稼ぐ

マンツーマン英会話

前置きの言葉をうまく使えれば、相手により良い印象を与えるだけでなく、ひとまず前置きの言葉をいいながら、次どう言おうかを考える時間も稼げるのでレスポンスタイムも稼げます。LPA対策には是非抑えておきたい言葉です。

ご存知のように 〜 / あなたも知っている様に 〜

  • As you know, 〜
    「ご存知の通り、〜」「知っている様に〜」
  • As you might know, 〜
    「ご存知かと思いますが、〜」「たぶん知っていると思うけど、〜」

相手も知っている内容を話し始める時に使えます。知ってたハズ・・・という場合は、might を加えて As you might know, 〜 で。

ご覧の通り

  • As you can see, 〜
    「ご覧のように、〜」「見ると分かるけど、〜」
  • As you can see from ・・・, 〜
    「・・・から分かる様に、〜」「・・・を見て分かるけど、〜」

レッスンだと初見のグラフをいきなり説明しないといけないので、時間を稼ぐには便利な言葉です。まだどれを見ればいいかを言ってない場合は from ・・・ をつけて明からにしましょう。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする