英語脳!?字幕や日本語訳にとらわれずVisualとSoundだけで学ぶ学習方法を知ったので、今の勉強に組み込んでみようと思います!

最終更新日

Comments: 0

楽しみながら勉強する風景

いつもの様に単語の勉強をしながらTwitterを眺めていたところ、マンガENGLISHさんのツイートが目に止まりました。

「誰でも英語が話せるようになるシンプルで確実な方法」というタイトルのYouTubeがリンクされていたわけで、どんな内容なのか皆目見当がつかなかったのですが、何故か気になってどうかを見てみました。

何故英語が聞き取れないのか、日本語は勉強してきたのか?

どんな動画だったのか

何か体験レッスンの動画みたいです。内容としては英語が全く分からない人向けに英語を気軽に触れて貰おうという感じでした。

英語を日本語を介さずに触れることの大切さ

動画では講師の方が「英語脳」というキーワードに話しをされていました。

理解しよう理解しようではなく、Visual(視覚情報)とSound(音)を頼りに英語反応しようという様な内容で、絵だけのマンガを使って、日本語を一切経由しないで英語をアウトプットしようという内容でした。

子供の頃はどうだった?

講師の方が挙げる例は、子供の話しや自分達が子供の頃を振り返って、日本語を授業の様に教わってきたのか?というのが主でした。

意味も分からない「音」として聞こえてきた言葉と、その時会話していた人達がどういう行動を取っていたのか、それを観察して覚えてきたことを思い出して欲しいとのこと。

意味が分からなくても構わない、子供の頃に大人達の会話を誰も解説してくれなかったでしょうと・・・。そして同じ様な違う会話をたくさん聞いて観察してきたから、型にはまらなくても聞いたことない言葉も理解できて反応できる(つまり応用力が身につく)様になるのだとのこと。

意味が分からなくてもOK、字幕にも頼らない。

始めて聞くストーリーを繰り返し繰り返し聞く、意味が分からなくてもOK、英文は見ない、音が聞き取れたら独り言で呟いてみる・・・。

注意としては、分からなくても音を止めたり、調べてはいけないということ。分からなくても流して、先を聞いていけば分かるかもしれない。たとえ分からなくても気にしない。最後まで「音」を聞き通すということだそうです。

非常に驚いたのは、今聞いてわからないとこは、いくら聞いても分からないから、分からないままで問題ないとのことです。でも納得です(^_^;)

それを違うストーリー、違うストーリーでたくさん聞いている内に自然と理解できて「英語脳」身についていくというものだそうです。

いい勉強法ですね。でもマイペース過ぎる気もします(^_^;)

動画を見てとても感銘を受けたのですが、この勉強法をそのまま取り組んでいたらとても長期的でそんな悠長なことやってる場合ではないな・・・とも感じました。

これは、今の勉強法にうまく取り込んでいかないといけなければならないと思いました。具体的には単語の勉強と、Gabaの英会話レッスンにです。

英単語の勉強

思いつきの範囲ですが、単語は日本語から英単語と画像を調べて、以降は英単語と画像をマッチングさせてインプットさせるのがいいんでしょうね。

Gabaレッスン

そしてGabaには、myReviewといって復習コンテンツがあるのですが、そこにテキスト最初のダイアログレッスンの字幕無し動画がアップされています。

これを活用すれば、Gabaレッスンで触れたテーマの英語を音だけを頼りに聞くという練習ができそうです。テキストを見ないで訳さないで、映像に出ているインストラクター?の芝居と音でコンテンツを楽しむというイメージですね。

レッスンを思い出しつつ、何度も何度も復習コンテンツを聞く感じですかね・・・

何故myGabaのmyPrep(予習コンテンツ)には、英語字幕付きの映像コンテンツがあって、myPrep(復習コンテンツ)には、同じ映像コンテンツの英語字幕無しバージョンが用意されているかが今まで不思議だったのですが、こういう学習方法を意図していたのかもしれませんね!!

うまく活用しようと思います!

こうすれば今の勉強方法も活かしつつ、今回知った勉強方法も生きてくるでしょうか・・・!?

さっそく今の勉強に組み込んで、試してみようと思います(^_^)。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする