名詞は短く簡潔に表現。Gaba英文添削活用の勧め。

勉強は書いて覚えるのがいちばんです。

Gabaの英文添削で、「コロナワクチン」という名詞を書いたときの話しです。添削してくれたインストラクターから「短縮できますよ」という指摘を頂きました。

英作文で何を指摘されたのか

「コロナワクチン接種する予定」と書きたくて I’m going to get a vaccination of COVID-19. と書きました。それに対して、英作文を添削してくれたインストラクターからついた指摘は以下でした。

We could shorten “a vaccination of COVID-19” to “a COVID-19 vaccine”

つまり、「”a vaccination of COVID-19″ は “a COVID-19 vaccine” と短縮できますよ」という指摘。

短く簡潔な方が聞き手にすっと理解される

確かに Gabaレッスンでも良く too long と言われます。日本語で言えば「コロナウィルスのワクチン」と言うか、「コロナワクチン」と言うか程度の差だと思いますが、それでも確かに短い言葉で言われた方が、「えっ?何のワクチンって言った??」みたいなトラブルも減りますからね。

英文添削はGaba標準サービス

英会話レッスンだと、言おうと思っていてもついつい言いそびれてしまったり、レッスンでは会話を重視する配慮から、今回の様な小さな問題は指摘されない事も多いので、じっくり書けて、より指摘を受けれる機会の多い英文添削を活用するのがお勧めです。

Gabaに通っていれば、何回でも無料で添削依頼できるので、これを使わない手はありません。

上記の情報は本記事掲載時点時点の情報ですので、最新情報は各英会話スクールに確認してみてください。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする