Gaba Lesson #397 (評価5) 感情移入が素晴らしい講師✨

最終更新日

Comments: 0

English Conversation

本日2コマ目のGabaレッスンは、ニュージーランド🇳🇿 出身の男性インストラクター。Gabaテキストには Target Languageというパートがありダイアログ形式のスクリプトを講師と生徒が二手に分かれて対話形式で読み上げるのですが、そのシチュエーションを感情豊かに演じてくれる素晴らしい講師でした。

担当カウンセラーへ会いに

前回は担当カウンセラーと会えなかったので、そろそろ時間あれば話したいなと思っていたので予約したひとコマ。最近仕事が忙しく予約を入れるのもリスクがあるのですが、ここのLS(Gabaでは教室をLS/ラーニング・スタジオと呼ぶ)では当日予約だと空きが無いことが多いので最終コマで予約をしておきました。

初対面で「自己紹介しましょう」でない展開は初かも🤔

初対面ではありましたが、レッスンブースにつくなり How are you today? から始まったレッスン。Goodとひと言で返し特に仕事の話しはしなかったのですが、すぐさま「仕事は忙しくないの?」と聞かれました。「最近忙しいけど、今日はたまたま定時上がりが出来た。だから既に他のLSで1レッスン受けてきた。」という話しをして少し会話が広がりました。

国名は日本語と英語の発音差が大きく聞くのが難しい・・・

その後続けてインストラクターの自己紹介タイムに入りました。趣味を列挙して頂いたのですが、最後の1つが聞き取れず、最後のだけ聞き返すと「ロシア語の勉強」だと言うことでした。他のレッスンで感じましたが、私は国名が聞き取り辛い様です。おそらく日本語のカタカナに引っ張られてるのだと思います。

そして話題は私の趣味についての質問に変わり、天体観測や熱帯魚のところでいくつか質問を頂きました。それぞれいくつか質問をして頂いた後は、それらに絡めて彼自身の体験や、彼の友人の体験など話しをしてくれてとても楽しいスモールトークとなりました。

Target Language で感情の豊かさに圧倒されました

テキストはTarget Languageからスタート。ひと言目から驚くほどのハイテンションとても感情豊かで声に大げさなくらい抑揚をつけて喋るインストラクターで、演じきってるという印象でした。これはこちらも釣られてこちらも感情がこもります。

ビジネステキストから日常会話のテキストに変えた直後、他のLSで同じく感情豊かな方がいて「ああー、これが日常会話のテキストか・・・。」と思った事を思い出しました。最近Target Languageで感情を込める熱が下がっていたことに気づき、これはテキスト後半に入り気を引き締めるには丁度良いきっかけになったなと思いました。

自然と言葉が出てくる話しやすい雰囲気作り

この様にとても話しやすい雰囲気を作ってくれたので、Target Languageの質問ものびのびとする事ができました。「このフレーズは意味は分かったけど、ネガティブな意味合いなのか、ポジティブな意味合いなのかが分からない。」といった内容から、「なんでこの人達はこの様な会話のやりとりをしているのか?」とか「話しのオチが分からなかった」という様なストーリーの内容にまで質問する事ができてとても楽しい質問タイムとなりました。

その質問の中でも、回答で彼らのセリフを引用する時、感情込めて引用するのも好印象でした。

一通りの質問が終わったところで、「とても良い質問だった。ほとんどの人はここまで質問しない。」と褒めて頂けました。こうして質問する事を褒めて頂けると、これからもどんどん質問しようと前向きな気分になれますし、積極的に喋ろうという気にもなれて、とてもプラスに働きます。

スモールトークを活かすレッスン進行

その後は、このUnitのテーマに沿って、お互いの自己紹介で話した内容を思い浮かべながら「あなたは〜ですよね?」と確認する練習。スモールトークを発展させた様な内容でとても良い練習ができました。

テキストで迷うもしっかりとフォロー

Practice Aに入ると、写真を見ながら写真に登場する人物について同様の会話をしなくてはならず、こちらは人物を設定が上手くできなくて大変でした。でもそこはしっかりフォローしてくれてなんとか完了。

コメントしてくれた内容に絡める形で、今日の1コマ目のLSにてインストラクターとレッスン前にトイレ前ですれ違った時、てっきりカウンセラーと思い込んで挨拶してしまったという話しもできて楽しめました。その際にこの練習でつかうフレーズを使ってみたりしてとても良い練習ができました。

レッスン最後、残り数分でも質問される😳

最後のコメント打ち込みのところでは、強み弱みを説明してくれた後で、インストラクターはそのままコメントの打ち込みに入ったのですが、おもむろに「今日感じた自分の弱みは何だと思う?」と振られました。

なかなか即答できず考えていると、インストラクターはコメントの打ち込みをしながら総括を話してくれました。そしてその話しの途中で今日の弱みを思いついたので「話すスピードが遅いところ」と割り込ませると、コメント打ち込みの手を止めて、その弱みについてレッスンでの感想と改善のアドバイスをしてくれました。

そしてその内容を弱みの所に書いてくれましたし、それを絡めて最後に総括をしてくれて、最初のTarget Languageの第一声から最後のアドバイスまでとても熱意を感じる、非常に満足度の高いレッスンでした。

今の自分にぴったりのレッスン

Gabaにはさまざまな国籍の個性豊かなインストラクターがいて飽きません。これまでGabaで100人以上のインストラクターとレッスンを受けてきた経験から、自分の性格やその時の学習スタイルに適した講師というのは必ず居て、必ず誰かがベストのレッスンを提供してくれます。

今回のインストラクターはまさに今の自分が重視している点を網羅している印象。しばらくは積極的に彼とのレッスンを学習に組み込んでみようと思いました。

こうして、自分自身で講師を選択してレッスンを組み立てられるのもGabaの魅力だなと思いました。一人では決められそうにないという方でも、日本人カウンセラーが1人担当としてついてサポートしてくれるので安心です。


KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする