Gabaで無料の英文添削を活用し、英会話との相乗効果を!

最終更新日

Comments: 0

英語学習

私は英会話を上達すべくGabaに通ってますが、英作文を書くことも日々の英語学習に取り入れています。英作文を書く事は英会話の上達に確実に一役買っていると実感しています。

英作文を始めた頃の私が、英作文や英語日記を書くという勉強方法に持っていた疑問「英作文は効果的と言われてるけど、Gabaやってない人はどうやって自分の作文が正しいかを判断するのだろうか・・・?でした。

インターネットを検索して、英文添削サービスが世の中にたくさんあることを知ったわけですが、どのウェブサイトもオンラインでできる英文添削サービスのみを比較した情報・・・。

これらはなんだかんだでいいお値段もしそうな気がしたので、「比較対象としてマンツーマン英会話スクールGabaの英文添削も加えてみたらどうか?」と思い、ここで紹介することにしました。

まず調べるべきは 英文添削専門 のサービス

Gaba英文添削に提出するため2022年4月に書いた英作文
Gaba英文添削に提出するため2022年4月に書いた英作文

Gaba英文添削はあくまでもレッスンの補助

Gabaをお勧めするとは言ったものの、Gabaの英文添削はあくまでもGabaで英会話レッスンを受けている人向けのオプションサービスです。

無料で高品質という事は後で書いていきますが、Gabaマンツーマン英会話を受講している事が大前提であることがコスト面では大きなデメリットです。

ですから、自分に合った英文添削専門のサービスが見つかれば、それが一番だと思います。

コスト面の懸念は英文添削専門サービスにも有り

ただ、ネットの英文添削サービスって料金体系とかイマイチよく分からないと思いません?少なくとも今回(2022年5月)調べた限りではそう思いました。

どうやらこれら英文添削専門のサービスには、各社文字数制限(200語とか600文字迄とかあまり多くない)や提出できる回数などの縛りがあったりして、これらが価格に直結します。

価格を安く押さえるためには、かなり気を遣って英作文する必要があると思いました。

情報収集は「最新情報か?」を常に意識しておくこと

公式サイトではなく以下の比較サイトが一番良く分かるという結末。

【添削結果で検証】英文添削サービスどこがいい?英語便・Fruitful English・IDIY3社徹底比較(https://otona-eigo.com/writingservice_reviwe/)

これを確認して「あ、これで私の目的を満たす。」と思ったらまずは「お試し期間」が用意されているサービスであればお試し利用してみるのがお勧めです。

添削の品質とかシステムの使いやすさとか、添削結果がどの様な形式で帰ってくるのかも、英作文継続のモチベーションに影響してきます。

この記事にも言えることですが、公式でない団体や個人が発信している情報が古くなっている可能性もありますので、最終確認は公式ページで確認する様にしてください。

駅前留学でお馴染みのNOVAにも英文添削サービスがある

大手英会話スクールNOVAにも「NOVAの英語ライティングコース(https://www.nova.co.jp/correct/)」という英文添削が受けられる有料サービスがあります。

さすがはNOVA。全国に店舗(実際の教室)を展開する大手英会話スクールだけあって、英文添削サービスも内容や料金体系がしっかりと明記されていて安心できました。

私はNOVAのレッスンを体験した限りなのですが、レッスン内容はとても良いと思っていて、同様にNOVAの英文添削サービスも有料サービスだけに満足度が高いサービスではないかと期待しています。

NOVAの受講生であれば、10% OFF で英文添削サービスが受けられますし、NOVA英会話のレッスンポイントで利用できる利便性も捨てがたいです。

英会話も始めたいなと思っている方は、あわせてNOVAやGabaといった英会話スクールに通う事も検討してみるのも、英文添削を割安に始めるコツなのかもしれません。

NOVAは安心の月謝制 まずは体験レッスン!

それでも私が英文添削サービスにGabaを推す理由

それでもGabaを推す訳は、Gabaマンツーマン英会話の受講生である必要があるものの、Gabaに通ってさえいれば何の制限も無く完全無料で英文添削サービスを受けられるからです。

英文添削品質も、Gabaで英会話を教えているインストラクター陣が添削を行ってくれるので、高品質で安心感もあります。

そして、添削結果を見返して質問したい事があった場合にも、添削してくれたインストラクターから直接会話して確認する事だってできるというのはとても大きなメリットです。

この英作文の内容についてインストラクターと意見交換ができるという学習効果は計り知れません。「自分はこういうつもりだったんだけど、添削してくれた人はそうとらえなかったのではないか?この前提なら自分が書いた方が適切だったのでは?」みたいな事も時々あるからです。

英会話レッスンでの質問は全て英語になるので英語脳とやらの獲得にも一役買うことでしょう。

Gabaなら何文字でも何通でも無料で気兼ねなし

成長につれて無料のメリットが絶大に!

最初に紹介した英文添削専門のサービスは確かに決められた範囲では破格ではあるものの、たくさん書けば書くほど割高になってきます。

英作文は始めた当初はあまり量は書けなかったけど、だんだん書ける量が増えてきたといった場合に、英文添削専門のサービスでは各種制約が上達への足かせになってくることがあるかもしれません。

逆に、無料で英文添削が受けられるGabaでは書ける様になればなるほど実質お得になってきます。

Gaba英文添削、過去の添削結果
Gaba英文添削、過去の添削結果

私が英作文を始めた2年半前は、23語(文字数は99文字)程度の文章を2〜3時間かけて頑張って書いていました(上図の一番下)。

それが今では1通あたり2,000文字ほどの英文を2〜3通書ける様になり(上図の一番上と真ん中)、平日は毎日の様にGabaへ通って添削サービスを利用する様になりました。

英作文の量を書ける様になればなるほど、Gabaの英文添削が無料で受けられるというメリットがとても大きくなります。

文字数で金額が上がらなければ、自由にのびのびと書ける

もしも英文添削が有料サービスだったなら2年半前の2〜3時間かけて3〜4行の英作文を頑張って書いていた頃の自分は、「この程度の英作文をお金をかけて添削して貰うのはもったいないな。活用し切れていないな。」と思っていたはずです。

Gaba初日に提出した英作文
Gaba初日に提出した英作文

こんな数行の文章でも気軽に英文添削出せたからこそ、英作文が習慣化している今があるのだと思っています。

個人的には、文法の正しさよりも表現や会話の流れに重きを置いています

こう書くと、「英文添削なのに?英文添削の使い方間違ってない!?」と言われそうですが、これは私が「英会話から入って、作文はオプション的に利用していた。」というGabaが想定する本来の使い方で英作文を始めたからだと思います。

それでも、英語でコミュニケーションを取ることをゴールとすれば、この考え方は間違っていないと思っています。

上達につれて次第に、英作文の文章中に会話文やら細かなニュアンスを込めたくなるわけですが、英作文の文字数を少なくしたいとなった時にどれほどの人が添削に出す英作文を「Hi, ○○. Good afternoon…」で始めて「Have a nice day!」で締めるかどうか・・・。

「Buy the way」とか「Anyway」、「Unfortunately」、「Personally」とかもわざわざ付けて添削に出したりするのでしょうか?きっと、価格を抑えるために添削して欲しい渾身の英作文だけを厳選して添削サービスに回すはずです。

Gaba英文添削に提出するため2022年4月に書いた英作文
Gaba英文添削に提出するため2022年4月に書いた英作文

私がGabaで英作文を出してきて、何が「英会話の」上達に最も貢献したかと言うと、「伝えたい事を思いついたまま感じたままに、一切端折らず英作文に書き殴って、インストラクターと共感したい。」という姿勢だと思ってます。

価格を抑えて確認したい文章だけを選りすぐった英作文だけでは成し得なかったことでしょう。

思う存分書けるから、思わぬ気づきがたくさん得られる

これまでの経験から、絶対に合っている思っていた言い回しが実は間違っていたり、前後の言い回しも考慮すると実はナチュラルではなかったとか、一連の会話を端折らないからこその指摘というのも多々ありました。

それにインストラクターが「楽しかった!」とか「私もお寺大好き。今度行ってみる!!」とか英語でコメント付けてくれてるのをみると、次は何の話題で作文しようかな、こんな表現使いたいなという英作文モチベーションの向上にも貢献してくれます。

それこそがコミュニケーションのための英文添削。思う存分書けるGabaだからこそ、英会話の延長線上にある英文添削だからこそのメリットなのかなと思っています。

Gabaの英文添削はあくまで無料のオプションサービス

ここで1つとても大切なGaba英文添削のデメリットをお話ししておきます。

上でも何度か触れていますが、Gabaの英文添削はあくまでもレッスンの補助として提供されている無料のサービスですので、英作文の添削品質については保証されていません。

添削を担当してくれるインストラクターによって品質はまちまちです。

Gabaレッスン2日目(左)、3日目(右)に提出して返却された英作文
2020年、Gabaレッスン2日目(左)、3日目(右)に提出して返却された英作文

丁寧に指摘を書き込んでくれる人、赤入れだけしてくれてノーコメントの人(上図左)、読んだ感想まで書き込んでくれる人(上図右)、別紙にびっしりとアドバイスを書いてくれる人まで様々います。

ただ、ひとつ言えるのはGabaで実際にレッスンを提供している確かな実力を持ったインストラクターが添削してくれているという事です。どこかしらで雇ったアルバイトが・・・みたいなことはありません。

どういった体裁で帰ってくるかという品質にばらつきはありますが、添削結果の正しさという面では安心感があります。

いくら書いても無料ですから、満足いかない内容だったとしても、懲りずに次は次はとどんどん提出していくのかも、Gaba英文添削サービスを最大限活用するコツです。

そのアウトプット、決して無駄にはなりません

英会話と英作文の相乗効果にも期待

Gabaで軽い気持ちで始めた英作文

私はGabaに英会話を学びに来ました。そしてGabaで体験レッスンを受け、その後で短期集中コースの契約をして初めて、英文添削サービスが無料で受けられるという事を知りました。

英会話から入った私は、Gabaの高い授業料の元を取ろうという軽い気持ちで、興味はなかったけどとりあえず英作文の提出を始めたのが全ての始まりでした。

あの時、ほんの軽い気持ちで英作文を始めて、とてもよかったと思っています。

1コマ40分のマンツーマンレッスンは好きな話題でOK

Gabaはマンツーマン専門の英会話スクールなので、レッスン時間はどんな内容でレッスンを受けてもOKです。テキストやフリートークだけでなく、論文や発表の練習にあてることも可能ですし、英作文を添削してくれた講師に直接レッスンで質問をぶつけることや、英作文した内容をお題として何か会話をしてみるというレッスンの受け方も全然ありです。

マンツーマンレッスンなので、事前に何がやりたいとか言っておく必要もありません。

英会話と英作文で良い循環が生まれる

そして、レッスンで会話表現が身に付いてくるにつれて英作文での表現力も向上し、レッスンではより細かなニュアンスが伝えられる様になり、英作文もより楽しく書ける様になりました。英作文と英会話のとても良い循環だと思います。

日本人カウンセラーの手厚いサポート

Gabaはカウンセラーによるサポートを重視しているのもお勧めしたい理由のひとつです。

Gabaでは一人一人に専任のカウンセラーが付いて学習相談に乗ってくれたり、いろいろな提案をしてくれます。

彼ら自身が英語学習者であり、数多くの受講生と向き合ってきたプロなので、上達に貢献してくれることは間違いありません。

私は英会話メインでカウンセラーにお世話になっているわけですが、小さな視野に陥ってしまいがちな私にツッコミを入れてくれたり、成長に合わせて先を見据えたアドバイスがとても役に立っています。

Gabaに関する内容だけでなく、英語学習全般の相談にものってくれるので、これを英文添削サービスの効果を最大限にするために使わない手はありません。

英文添削サービスを探してるだけの人も、Gaba体験レッスンをお勧めします!

私が英文添削にGabaを推す理由

英文添削サービスを探してここに辿り着いた方の多くは、「いや、英会話まで習おうと思ってないから・・・」という方がほとんどだったと思います。

これは当然で、英会話レッスンともなると値が張りますから、英文添削のサービスを探している人が、英文添削サービスに加えて英会話までお勧めされたら絶対に身構えてしまうと思います。少なくとも私はそう思います。

実際私も、英文添削だけを希望していて、文字数や単語数の制限に納得できれば、英文添削専門のサービスが安上がりでお勧めだと思いますし、英会話と併用しつつもしっかりと保証のある英文添削サービスを受けたいのであればNOVAがお勧めだと思っています。

でも、ここまでこの記事を読んでくださった方なら、なぜ私がGaba英会話と英作文をセットでお勧めしているのかは分かって頂けたのではないかと思っています。

きっかけは偶然。勢いでのっかるのも有り。

私も理由こそ違いますが、英語が全く必要なかった私がGaba英会話を始めたきっかけは「外国人が話す英語って聞いた事ないな。体験レッスンを受ければ外国人の英語が聞けるな。」というつまらない理由でした。

その時たまたま職場の近くでGabaという英会話スクールがあるのを発見しただけという偶然からなので、この記事をたまたま読んだのも、英会話を始めるいいきっかけだったのかも。」と軽い気持ちで考えて頂ければと思います。

そしてこの偶然、逃してしまうのはもったいないと思います。

Gaba英会話の無料体験レッスン

Gabaでは無料体験レッスンを提供しています。

Gabaの体験レッスンなら、普段の授業とほぼほぼ同一の内容でレッスンが体験できますし、体験レッスン後にはカウンセリングもあります。

体験レッスン後のカウンセリングは、単なる勧誘かと思いきやそんな事はなく、しっかりと相談に乗ってくれるので、英作文に関するいろいろな疑問や関心をぶつけてみることをお勧めします。その場で入会の結論を出せと迫られることもないので安心です。

特に「英文添削をメインで考えている」という事は、カウンセリングでしっかりと確認しましょう。これはほとんど全ての受講生がGabaに英会話メインで来ているので、カウンセラーが想定できていないはずだからです。

ここを最初にしっかりと伝えておくことで、カウンセラーがしっかりとあなたのニーズを把握でき、納得のプランと学習計画を提案してくれることでしょう。

英作文が続けられるかどうか・・・

高いお金を払っただけで、結局英作文出さないで終わってしまいそうで不安・・・」ですか?

大丈夫です。それでも英会話は身につきます。Gabaのカウンセラーがしっかりと「英会話」については続けられる様に全力でサポートしてくれますから、ここは絶対大丈夫です。

それに・・・、最悪それでも十分だと思いませんか?
英作文は書きたくなったらいつでも再開できるのですから・・・。

こういう事はきっかけが大切。勢いがあるうちに「聞くより試せ」と、体験レッスンに飛び込み自ら体験してみるのを一番お勧めします!

英作文と英会話。相乗効果で上達させていきましょう!!


マンツーマン英会話【GABA】


上記の情報は2022年5月時点の情報ですので、最新情報は各英会話スクールに確認してみてください。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする