Gaba vs RosettaStone → Gabaには英文ライティング添削もある!

ライティング課題

Gabaの2ヶ月間短期集中レッスンがあと一ヶ月を切ったということで、Gabaで継続したいけど、Gabaは高いともっぱらな評判なので他のスクールも無料体験レッスンを受け、比較検討を始めたのでした。

これは予想通りだったのですが、Gabaだと無料で何回でも受けられる英文ライティング添削、他には同じサービスありませんね。

Gabaの英文ライティング添削

正式な名前は分からないのですが、英文を紙に書いて持って行けば添削して数日後に返却してくれるサービスです。Gabaのカウンセラーは「ホームワークですね!」と言っているので、ホームワークが正式な名前なのかもしれません。

Gabaの英文ライティング添削、何がいいかと言うと完全無料で、テーマも不問、いくつ出しても良いというのが最高にいいです。

英文添削を苦手対策と復習で活用中!

私はまだ英語をフレーズでしゃべることができません。単語を並べてなんとか相手に伝えているという状況です。かなり考えないとフレーズを作れないので会話には使えないからです。

そこで話せなかった内容を英文添削でじっくり時間をかけて書き、添削してもらって正しい英文を知り、レッスンで使ってみるという様に活用しています。

また、レッスンが道案内だったら、英文で実際の道を道案内を書いてみることで、レッスン内容の理解を深める取り組みにも活用しています。

Rosetta Stoneの英文添削

やはりありませんね・・・。

英文ライティングも学びたいならGaba

英会話の上達に英文ライティングも活用したい、英文ライティングも上達したいという目的なら、無料で添削ができるGabaがお勧めです。

ただ、英文添削は無料オプションということもあり、何日後に添削結果が戻ってくるかは分かりません。いままで出した限りでは2〜3日あれば帰ってきていますがきまっている訳ではありません。

細かくコメントを書いてくれるインストラクター(講師)もいれば、ただ赤字でチェックしてくれるだけのインストラクターもいるので、詳細な講評を貰いたいのであれば、Gabaではなく他の英文添削サービスを活用するのがいいと思います。

私の英会話力向上にライティングを活用したいという目的であれば、ここまで便利でお得なサービスはありません(^_^)b

上記の情報は2020年2月時点の情報ですので、最新情報は各英会話スクールに確認してみてください。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする