Gaba Lesson #25 ひたすら日本食を説明するの巻^^;

最終更新日

Comments: 0

マンツーマン英会話

英語苦手で英会話など考えたこともない42歳のおっさんが冬の短期集中レッスンでGabaに迷い込み早1ヶ月が経ちました。そんな私が先日、自分でも驚くことに Level 1 → Level 2 へとレベルアップを遂げたのでした。

そして今日はLevel 2で2日目のレッスン、ひたすら寿司や豚カツやだし巻き卵を外国人に説明するレッスンでした。

簡単だからこそ復習というかレッスン後の鍛錬が重要になると感じました。

前回は長いフレーズに戸惑ったが・・・

前回のLevel 2レッスン初日では、フレーズの長さと使い分けに難しさを感じ、「さすがLevel 2だ・・・(+_+)」と落ち込んだのですが・・・

今回(2回目)のレッスンは、フレーズの難度は一転して単純に・・・、It’s 〜 で話せてしまう簡単な内容でした。

ひたすら日本食を英語で説明だと!?

今回のUnit 2 は日本食レストランで、天ぷらや寿司、豚カツ、うどん、ざるそばなどをひたすら英語で説明していくという内容でした。

例えば It is deep fried fish and vegetables.とかですね。

エビの天ぷら、キスの天ぷら、カボチャの天ぷらをまとめてイメージしてたのですが、なんか and を使うとかき揚げっぽいイメージがしてしまうのですがどうなんでしょう・・・(^_^;)

まあ、こんな感じでインストラクターが質問してくる料理名をひたすら説明していくレッスンでした。

レッスンでいろんな単語と表現を仕入れられました

串で指したものとか、friedがお好み焼きやら焼きそばやら卵焼きやらで使える調理法の単語だとか、spicyがカレーやら胡椒やらワサビやらで使えるやら、英語初心者の私にはとても多くの発見がありました。

なんか、日本語の方が「食」の表現に奥行きがある気がしますね・・・。辛子もカレーも塩もワサビも「からい」ですけど^^;

定着させて増やす必要があるという課題・・・

レッスンにもたくさんの表現が出てきましたが、当然ながら40分のレッスン枠で、全ての表現が出てきてそれを習得しきれるはずがありません。

Level 1は英語に慣れて片言でも話せる様になろうという段階だと思い、とにかく目の前のテキストを消化しようと頑張ってきましたが、 Level 2 から Level 3を目指そうとすると、同じ学習でいいはずが無いと感じました。

レッスンで習ったことを定着させ、さらに増やしていく必要があるわけです。

こんなmyCardsが使えるのか!?

Level 1の時は、時間も無いしまだ今の自分には必要なさそうだなと放置していたmyCards」が使えるかもしれません。

myCardsといのはmyGabaで用意された学習ツールです。

そもそもmyGabaとは、Gabaの無料体験レッスンを受けたり、Gabaに入会したりすると使えるオンラインの学習ツールで、レッスンの予習復習の他、レベル別に同じ英文記事が読めたりもできるのです。myCardsは単語帳です。

いま徹底活用している英文添削もGabaの無料サービスだし、取り組みたいことをサポートしてくれるツールが充実しているのがGabaのいいところだと思ってます(^_^)

先日、NOVAとRosetta Stone LCの無料体験レッスンを受けてみてこのことを再認識したので、この流れを借りましてお勧めしておきます(o_ _)o

上記の情報は2020年2月時点の情報ですので、最新情報は各英会話スクールに確認してみてください。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする