人生初、英文メールで問い合わせ!英文添削の成果がここに。

最終更新日

Comments: 0

勉強は書いて覚えるのがいちばんです。

ここにきて、仕事でまさかの事が起こりました。仕事で使ってるパソコンソフトの使用方法について問い合わせが必要になったのです。そのソフトは外国製・・・、英語を使ってemailで問い合わせを行わなければならない事態になったのです。

英文で問い合わせなんて人生初・・・

でも・・・、Gabaを始める前の私なら「これは困った・・・」と慌てふためいていたはずですが、そんなことはありませんでした。

しょうがない・・・。英語で書くか・・・。

問い合わせ内容は簡単、「こんな動きをするんだけど、ここの設定が間違っているのか?正しい方法が知りたい。」という内容でした。

Gabaを始める前の私だったら、「英語じゃないと問い合わせられない、しょうがないあれこれ試して自己解決するか・・・」となっていたことでしょう。

でもGabaに通っていたおかげで、その場で「しょうがない。初めてだけど英語で問い合わせてみるか・・・」と自然に考えることができ、しかもその日のうちに英文を書いて問い合わせするにいたったのです(゚o゚;

Gabaを始めて6ヶ月、欠かさず取り組んできた英文添削

私の英語力は、Gabaのテキストで言えば、Level 2。少しずつフレーズで話しができる様になってくるかどうかというレベルです。英語が得意だ、不自由無く話せるとか決してそんなことはないのです。

でも今年の1月からGabaをスタートしてコロナ休校も挟んで6ヶ月の間、レッスンがあれば必ず利用していた英文添削が功を奏したのは間違い有りません。

まるで英文添削に出す英文を書くかの様に、「よし書いてみるか」と書き始め、「まあ、前置詞や冠詞が変だったりするかもしれないけど、通じないことは無いだろう・・・」というレベルまで書き上げるまでに、そう時間は必要ありませんでした。

必要に迫られる前にGaba始めておいて良かったなと思った瞬間でもありました。

Gabaの英文添削

ところでGabaの英文添削って何かというと、Gabaはマンツーマン英会話のスクールですが、英会話レッスンを契約中の方ならもれなく全員、英文を紙に書いてラーニングスタジオ(教室)に持ち込めば、インストラクター(講師)が添削して後日返却してくれる英文添削のサービスが利用できるのです。

しかも、無料で何回でも利用できるのだからたいしたものです。

Gabaって高いし使えるものは使わないとと目を付けて続けてきた英文添削サービス。こういう魅力も込みでGabaの価格って設定されてるんでしょうね(^_^)。

上記の情報は2020年6月時点の情報ですので、最新情報は各英会話スクールに確認してみてください。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする