Gaba英文添削で『言えたフレーズと言えなかったフレーズ』の英語を教えてもらいました。

最終更新日

Comments: 0

勉強は書いて覚えるのがいちばんです。

Gabaの英作文で「レッスンで言えたフレーズと言えなかったフレーズがありました。」と書いたのですが、うまくなかったようで、よりナチュラルな書き方ができると( Let’s make it sound more natural と指摘されて )返ってきました。

私が英作文に書いたフレーズ

私が英作文に書いたナチュラルで無い文章がこちら。

(意味は通じたがナチュラルでない)
Actually then, there were phrases I could say and I couldn’t say.

ここで何が言いたかったかというと、「レッスンでとある話題について話したのですが、言いたかったことや言えなかった事があったので、同じテーマで英作文してみたんですよー」と言う事。その途中のフレーズです。

教えてもらったナチュラルフレーズ

これに対して教えて頂いたフレーズがこちらです。

there were phrases I was and wasn’t able to use.
または
there were phrases I was and wasn’t able to say.

なるほど、was と wasn’t を and でつなげられるんですね🤔

これは、can と be able to の指摘?

最初は主語と助動詞の繰り返しあたりが不自然なのかなと思いましたが、なんか can と be able to のニュアンスあたりの話しをしている様な気もしてきました🙄

両方かもしれませんが。

Gaba英文添削では講師によってはここまで指摘してくれる

何がナチュラルで何がナチュラルでないかって私はまだ判断できないので、英文添削でこうして書いてくれるインストラクターに当たると助かります。あくまでGaba利用者に無料で付いてくるアシスタント的なサービスなので、チェックしてくれるインストラクターによってかなりムラはありますが・・・。

それでもレッスンを受けてると、レッスンでは言いそびれたり、自信無かったりすることが多々あるので、無料で好きなだけ英文を添削に出せるGaba英文添削(ホームワーク)はとても効果的なサービスだと思います。

上記の情報は当記事の掲載時点の情報ですので、最新情報は各英会話スクールに確認してみてください。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする