不規則動詞をGaba英文添削で覚えました。

最終更新日

Comments: 0

勉強は書いて覚えるのがいちばんです。

マンツーマン英会話スクールのGaba(ガバ)に通っていると、インストラクターによる英作文の添削がレッスンとは別に無料で受けられます。なのでせっせと英作文をしているとき、「噛む」とか「(虫が)刺す」とかいう意味の動詞 bite [baɪt] が不規則動詞だということを知りました。

bite が不規則動詞だと知ったきっかけ

PCを使って英作文の下書きを作っていたところ、「噛まれた」と表現しようとして bited(※注:誤り) と打ち込んだ時でした。

Google Keepがアンダーラインが引かれて、何やら間違えていることを教えてくれるのですが、ちょっと良く分かりません。単純なタイプミスでもしているのかと思い、何度か打ち直すのですが変わらず・・・

しかたないのでネットでbited(※注:誤り)を検索してみたところ、なんとbiteは過去形過去分詞系が単に語尾にedを付けるだけでは済まない不規則動詞であることが分かりました。

でも、発見次第覚えるのが一番効果的かもしれないですね

ネットでこの情報を見つけた時「なに!? bite / bit(過去形) / bitten(過去分詞形) だと!!知らなかった・・・」と思いました。でもまあ、そもそもbiteという単語を使う機会って自分にはそうそうなかったので仕方ありません。

でも不規則動詞ってあまりお目にかからないし、単語帳でいくら事前知識として覚えたところで使わないものは使わないし、使ったとしても記憶に残っている可能性も少ないですし。

出会ったところ勝負で、今回の様にその都度痛烈に心に刻んでいった方が、今後も使う可能性があるものを効率良く覚えられると思いました。

Gabaの英文添削はお勧め

そういった意味で、なるべく多くのアウトプットをして、アプリなりインストラクターなりに添削してもらうのが良いかと思いました。それには、Gabaに通っていれば無料で何度でも添削が受けれるサービスって有り難いなと思いました。

そんな観点でもGaba、超おすすめです。

上記の情報は2022年3月時点の情報ですので、最新情報は各英会話スクールに確認してみてください。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする