Gaba Lesson #499 (評価5) 初対面でLPA対策レッスンを依頼

最終更新日

Comments: 0

English Conversation

今回のGabaレッスンは、アメリカ🇺🇸 出身の男性インストラクターとのレッスンでした。年末挨拶で5LSを回った2コマ目のホームLSでマネージャーとのレッスンの際に、1つ前のレッスンがこのLSでのレッスンだった事から、そこのマネージャーの話しになり、是非取ってみたいと思っていたところ、たまたまリストに名前を見つけて実現した1コマでした。

今日は Gaba Day !

レッスンの他に英作文を受け取りにもう1LS行っていた事もあり、「今日はどんな日?」と聞かれて「Gaba Day」と答えてひと笑いして始まったレッスンでした。

まずは自己紹介から

初対面だったので、お互いの自己紹介からスタートとなりました。今は川崎に住んでいると言ったところ彼も川崎に住んでいるというので、川崎は大きいからどの辺に住んでいるのかという質問をして川崎ローカルな話題で少し盛り上がりました。

思った事を時間を気にせず話せるのはマンツーマン英会話の強み

そして再び自己紹介を続け、趣味の話しで天体観測の話しをしたところ「天体観測はどのくらいやってるの?」と聞かれ、「分からない」と答えた後に「子どもの頃に毎年夏休みに祖父の実家で綺麗な空を見ていたからその時が始まりかもしれないけど、実際に興味を持ったのは仕事を始めてからだ。」という話しをしました。

「仕事を始めた頃から本格的なカメラを買ったり、太陽を見るレンズフィルタを買ったりする様になったので、趣味というのはこの辺りなのかもしれない。」という様な話しをしました。

言葉に詰まればしっかりアシスト。安心して思った事を話せばいい。

話しが込み入ってくるにつれ、私が話すフレーズがたどたどしくなってしまいましたが、その都度フォローを入れてくれて自分で話し切れる様にアシストしてくれました。

でもその様な状況では発音がおろそかになってしまいがちで、ときどき日本語の様に喋っている自分に事に気付くので注意しなければいけないと思いました。

会話の合間合間では、品詞や文法の間違った箇所をノートに書き出して教えて頂けるのですぐ次のタイミングで試せたりと役立つレッスンをして頂けました。

たくさん話すとそこから新たな話題にも発展する。

そして天体を撮影するカメラの話しから、長野県の話しに発展し、地獄谷や諏訪湖の話しをするなど、旅行の話しでも盛り上がりました。

コロナが収束したらまた訪れたい場所です。

テキストに限らず自由にレッスンをリクエストできる

長めのスモールトークが終わり「テキストやる?何か他のリクエストある?」という話しになったので、私が彼とのレッスンを予約した際に考えていた作戦の遂行に入りました。

まずは「インストラクターマネージャーですか?」と切り出し、「そうだけど、何で知ってるの?」という反応。「自分のホームLSでマネージャーのレッスンを受けた際に、1つ前のレッスンがここのLSだと気付いた彼から名前を伺っていた。」という話しと、「その後たまたまスケジュールにあなたの名前を見つけたから取った。」のだという話しをしました。

最近は多くのLSでマネージャーのレッスンを受けているという話しもしました。

マネージャーはマネージャーの話しをしたいのかもしれない・・・

すると彼からも、このレッスンの次に行くLSのマネージャーの名前を教えて頂き、今日はいないけど今度取ってみたらどうかとお勧め頂きました。このマネージャーの名前を知ったのも過去のレッスンでマネージャーと話しをしていた時でしたし、マネージャーの話題で盛り上がる事って少ないのかも知れません。

それはそれとして、この話題のおかげで初対面のインストラクターと距離が少し縮まった気がしました。

LPA対策レッスンをリクエスト

前振りが終わったところで本題の「もうすぐLevel 6 Pack Bのテキストも終わるけど、まだレベル6を突破する実力もないと思っているし、今どこに居るのかも良く分からない。でも担当カウンセラーは立ち位置を知るためにもLPAを受けた方がいいと言っていて、自分もベストを尽くしたいので、LPAに向けて何かお勧めのレッスンをして欲しい。」とリクエストしました。

加えて「テキストを使った方がいいかすら分からない。」と相談したところ、「今日のレッスンはフィードバックまで7分だけ。その中でできる事としてテキストのScene 6だけやろう。」と提案頂きました。

練習→指導→復習が短期間で完結するレッスンでした

テキストの設問に沿って一連の会話を終えると、こういう話題は「いつ」で始めた方がいいなどとアドバイスを頂けました。そして復習を兼ねてだと思いますが、「別の内容でもう一度」とお題を頂き、たった今指摘して貰ったことに注意しながらもう一度話すという練習ができました。とても効果の高い方法を提案頂けたなと思いました。

ひととおりの会話が終わり、どちらも「朝起きるのが遅くなってしまい・・・」で始めた自分がおかしくなってしまい、笑いながら「普段はかなり早く起きるんですよ」と言い分けするも「そんな事言っても、信じられないね。」と笑いありの会話ができたところも、とても効果的なレッスンに繋がったと思います。

スモールトークとテキストを総括し、LPAへ向けたアドバイス

そしてインストラクターの意図した通りの時間でテキストが一通り終わり、フィードバックの時間へと突入したのは流石はマネージャーだなと思いました。

フィードバックのまとめでは、「ディスカッション形式のレッスンがいいと思う。フリートークではなくテーマを決めてレスポンスタイムを意識したレッスンを心がけるのが効果的だろう。テキストを使ったとしてもディスカッションを重視した方がいい。」とアドバイスも頂きました。

ナチュラルフレーズ、レスポンスタイム、正確性、この3つが課題だと総括して頂き、それぞれにコメントも頂けました。初対面とは思えない目から鱗のフィードバックでした。

最後までキッチリとしたレッスンは、さすがマネージャー品質

時間を少し超えてしまっても、PC打ち込みで手を抜かれる事もなく、しっかりと一つ一つ丁寧に説明頂きながらレッスンで出てきた単語やフレーズの打ち込みをして頂けました。

最後は「残りのGaba旅楽しんで。マネジャーレッスンを楽しんできて!」と元気に送り出して頂きました。移動時間についても気にして頂き、とても配慮の行き届いたレッスンだったと感じました。

レッスンノートやコメントなどを含めレベルの高いレッスンでした

また、レッスンノートはシンプルな色使いながら見やすい文字で、マーカーペンで要所が強調されていて分かりやすくまとめられていました。一方でレッスンコメントや単語やフレーズの打ち込みはとてもシンプルで、少し物足りない気がしました。これはインストラクターの個性なので仕方なし。

とはいえ、ホームLSでマネージャーから伺っていた通り、とても丁寧で満足度の高いレッスンでした。

今回感じた マンツーマン英会話Gaba の魅力💮

今回のインストラクターは初めてレッスンを受けた人で、初対面でいきなり自分がどんな人かも分からないのに「お勧めのレッスンをして」とか無茶なお願いかと思いつつも、LSマネージャーとのレッスンはなかなか予約が取れないのでお願いしてしまいました。

それでも、40分という限られたレッスン時間の中で、自分の事を把握してくれて、リクエスト通りの目的に沿ったレッスンをしてくれて、感心するアドバイスまで頂けました。このレッスンカスタマイズ力は素晴らしいと思いましたし、Gabaはいざという時にも頼れるなと再認識しました。

少しでもGabaに興味を持ったら、是非体験レッスンに足を運んでこの空気感を感じ取って貰えたらなと思います。


KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする