It looks like – 台風が関東を直撃するらしいよ

weather

Gaba の テキストに載っていた “It looks like that typhoon’s going to hit Kanto the day we’re flying out.” というフレーズ。私は「天候で look like? 〜の様に見える??、 かもしれないだから probably とかじゃないの??」と思った私は、Gabaレッスンでインストラクターに質問してきました。

確率ではない。予報を聞いての話し。

probably とか perhaps とかだと確率の話しだから、天気予報で聞いた様な予測の話しだと look like なのだとか。台風が来るかもしれないし、それるかもしれない。確率50% とかだったら合っているのかも知れませんが、テキストのシチュエーションは台風直撃の予報を見ての会話でした。

テキストの絵を見て「台風が直撃するかも」と話しているかと思っていましたが「台風が直撃するらしいしよ」と話していたんですね。確かにニュアンスの違いますが、意識が及んで居ませんでした。

インストラクターから聞いた上でネットを活用し理解を深める

レッスンでいろいろ質問をしてきましたが、それらを踏まえて更に理解を深めるためにインターネットで調べてみました。

“雨らしいね“はどう言う?英語「look like」の意味と使い方(https://asajikan.jp/article/208053) – 朝時間.jp

このサイトによると、『「雨が降るでしょう」は be going to/will rain、状況からすると「降りそうだ」ならば be going to rain、「たぶん降るんじゃないか」と言いたいときは be likely to rain や looks like rain を使います。』との事でした。

マンツーマンで納得いくまで質問するのが私の上達の理由

今回私が天気の表現について質問してきた様に、Gabaの様なマンツーマン英会話スクールなら、「レッスンで他の生徒に迷惑をかけない様に・・・」と事前に時間をかけて調べて、自分なりの解釈でその場を乗り切る必要が無いのが最大のメリットだと思っています。

自分で正解を導き出すのはなかなか困難ですし、思い込みだったりする事も多々。

それなら「ここが分からない、自分はこう思っていた。」だけの予習で済ませ、直接英語に精通したインストラクターからアドバイスを貰って理解を深めることが、記憶の定着に役立つ事はもちろん、いろいろな物事を説明する練習コミュニケーションの練習にもなって一石二鳥、三鳥、四鳥なことは私の経験上、間違いありません。

実際のレッスンと同じ体験レッスンでその雰囲気を味わえるので、ぜひ私が大好きなGabaを体験してみてください!


マンツーマン英会話【GABA】

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする