Gaba Lesson #8 日本語を話すインストラクターに違和感

最終更新日

Comments: 0

学習は忍耐力も必要です。

日本に20年以上居るという講師の先生でした。今までのインストラクターは完全英語でしかしゃべりませんでしたが、今回のインストラクターは違いました。

だから「Invitationsの意味は何か?」と英語で聞かれて答えられないでいると、「日本語では『招待する』よ」とたまにガチの日本語で助け船を出してくれるのです。

これには、「えっ!?」っと非常に違和感を覚えたのでした。

日本で教えて貰うことが嫌だと感じた(゚o゚;;

思わず、英会話の中に日本語がまざるとやりづらいと思ってしまった私・・・

通い始めて今まで「英語しか話してくれないと聞きたいことがうまく聞けない」と思っていた私にとっては新鮮な体験でした。

なんだかんだで成長してるなーと実感したのでした。

詰まってばかりだけど英語で聞くぞ話すぞ( ^o^)ノ

「日本語に頼らず、英語でどんどん質問するぞ!」と改めて思いました。

こんな形ですが、さらに自信が持てたのは大きいので、この調子でどんどん頑張って行こうと思いました(^_^)。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする