Level 1 LPAのフィードバックを振り返り。けっこうヤバいな(^_^;)

勉強は大変・・・

Gabaでは、習熟度を確認するLPAというレッスンがあります。このレッスンの出来具合で次のカリキュラム(テキスト)に進めるか否かが決まります。

Business Advantage Level 2のレッスンが1/3程度進んできたので、ここらで Business Advantage Level 1 の LPA結果を振り返り、弱点を再認識しておくことにしました。

Level 1 LPA評価項目

Level 1 の LPAレッスン評価項目は以下の12項目でした。頭に○を付けたのがOKだった項目、頭に×を付けたのがNGだった項目です。

  1. × 相手にかなりサポートしてもらえれば、簡単な会話ができる
  2. × いくつかの基本単語を使って状況を説明できる
  3. ○ 相手に何度も繰り返してもらったり、言い換えてもらったり、答え方を示唆してもらえれば、簡単な質問に答えられる
  4. ○ 相手に何度も繰り返してもらったり、重要な単語を強調してもらえれば、簡単な発言なら理解できる
  5. ○ 人物について簡単な描写ができる
  6. ○ いくつかのごく簡単で具体的な形容詞が使える
  7. ○ 場所についてのごく基本的なフレーズが理解できる
  8. ○ 普段使っているものの名前が言える
  9. ○ 覚えている定型文で回答できる
  10. ○ 基本的な指示や要求に従える
  11. ○ 定型表現を使って自己紹介ができる
  12. ○ 挨拶や感謝などで、覚えている社交的表現が使える

弱点が致命的じゃないか(^_^;)

LPAを受けたときも「なかなか致命的だな・・・」と思ったものの、すっかり忘れてました。

ダメだった項目は、サポートしてもらっても会話ができない、基本的な単語を使っても状況が説明できないというもの・・・。

確かに、各Unitにある挿絵の説明がいつもうまくできなく、レッスンも単語の片言で文章にならないことが悩み事で、ずばりな評価ではあるのですが・・・

そして今なおこの2点は苦手です。

どう解消するか・・・

これを克服するには、英文添削のHOMEWORKテキスト挿絵の予習が効果ありそうですね。

HOMEWORKでは、いつも出掛けた話しだといきなり出掛けた内容を書き始めてましたが、冒頭で「今回訪れた場所はこんなところで、こんな感じでした。」みたいな文章を添える様にすれば練習になりますし、テキストの挿絵について予め説明する練習をしておけば、次第に状況説明ができる様になり、会話を組み立てる練習にもなると思ったからです。

早いところLevel 1 LPA項目の弱点を克服し、Level 2 LPA 項目に備えた取り組みに移りたいと思います。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする