カウンセラーさんに感謝。人に相談するとか今までしたことありませんでした。

最終更新日

Comments: 0

人生最初の英会話でGabaに飛び込んだ時に契約したコース(冬の短期集中レッスン)が終了したので、担当してくれてたカウンセラーさんにお礼を伝えました。

コロナ騒ぎで非常事態宣言がでるかもしれないし、経済は不安定になってるし、伝えられるうちに感謝は伝えておかないとと思っての行動でした。

簡単なメモにメッセージを添えて・・・

伝えたといっても簡単なメモに数行のメッセージを書いただけですが(o_ _)o

緊急事態が起こる前に・・・ちっちゃなお菓子といっしょに無事手渡すことができました。メッセージはすぐに気付かれても恥ずかしいし、何コレ!?って困惑の表情されても困っちゃうし、奥の方に隠して・・・

いままでは自分で解決してきました

今までって、いくら困っても試行錯誤してたくさんアイデアを絞り出して取り組めば、ひとりで解決できていました。自分ができる分野にしか居ませんでしたから・・・ですねきっと。

だからカウンセラーという職種の人達に期待したことなんてありませんでした。実際、カウンセリングを受けたことはあっても「こう聞くとやっぱりそう返すよね・・・」って予測できる回答しか得られた試しありませんでしたから・・・。

未知の分野は手に負えず・・・

まさか私が英会話!?ってほど今までやったことのない分野、やるはずの無かった分野に何を血迷ったか迷い込んでしまった私は同じ手は通じなくなっていました。

英会話では、困っていろいろ試行錯誤アイデアを絞り出して取り組んでも、私ひとりの力では悩みは膨らむばかりでいっこうに解消しませんでした。

そんな悩みも、レッスンが終わってカウンセラーさんとひと言二言会話する中に解決のヒントがあったり、時間をとってカウンセリングしてもらえば自分では思いもつかないアドバイスが貰えたりと、カウンセラーってすごいんだなと思いました。

これまでカウンセラーという職種に期待してこれなかったのは、自分がこれまで新しい事にチャレンジしたことも、本気で悩んだこともなかったんでしょうね・・・

尊敬する人なら今まで何人もいましたけど、信頼して委ねられる人って実は生まれて始めてかもしれません。そんなGabaのカウンセラーさんには感謝のことばしかありません。

KMA

英語は大の苦手・・・学生時代より「英語になど関わるものか!」と生きてきたものの、42歳にしてひょんなことから英会話スクールのGabaに通い始めました。少しずつながらもレベルアップを実感しています(^_^)。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする